霊感占いを胡散臭いと感じる理由

占いにはいろいろな種類があります。
そして占いの中でも、手相や風水は信じるけれど、霊感占いは信じない。
そんな人も少なくないでしょう。
なぜか?というと、手相や風水は学問的要素があり、ルールがしっかりと決まっていますよね。
占い師も適当に占っている訳ではなく、しっかり手相や風水について学んでいます。

対して、霊感占いとは、霊感という目に見えないものを信じるところからスタートしなければいけません。
そもそも霊の存在を信じていない人にしてみれば、霊感なんて本当にあるの?
そう胡散臭く感じてしまいます。

また百歩譲って霊は存在すると認めたとしましょう。
ですが、霊能力者は、生まれつきなのか、ある程度訓練で身につくのかは分かりませんが、素質が必要とされます。
そして実際に本当に素質がある霊能力者が一体どれぐらい存在するのか?と気になりますよね。

中には、霊感なんて一切ないのに、霊感がある振りをしてお金を儲けるために、占い師をしている人も存在します。
そんな人が存在するからこそ、霊感占いはますます胡散臭く感じてしまうわけです。
霊能力者として認められるためには、霊感がなければ分からない事をテストし、そのテストに合格した人だけが霊能力者として、占いをしてもいい。そんなふうに資格のようなものを作れば、まだ信頼度が上がるのかもしれませんが、現状はその人が霊能力者である事を示すものが何もありません。

口コミや人気度であるある程度選ぶ事は可能ですが、霊感占いをする場合は、占い師と会話をあまりしない事です。
霊感がない占い師は会話の中からヒントを得て、まるで見えているようにその人について分析するような言葉を口にするからです。

出典 http://www.saltyt.com/